肌を白くしたいなら美白化粧品を駆使しよう

的確な治療で綺麗な肌に

化粧水

症状にあった治療法

多くの人が悩まさせるお肌のトラブルとして、ニキビが挙げられます。ニキビは一度出来るとなかなか治らなかったり、繰り返してできる事が多く、なかなか厄介なものです。しかも間違ったケアをしてしまうと、ニキビ跡になってしまう事もあります。このニキビ跡がさらに厄介で、自力で治すのはかなり大変ですし、完治までには期間がかかります。確実に綺麗に治すには、美容皮膚科などで専門医に診てもらうのが良いでしょう。またニキビ跡には幾つかの種類があるので、それに適したケアをする事が綺麗に治すポイントです。まずはクレーター状のニキビ跡があります。これはニキビの炎症後に、お肌が凸凹になってしまった状態です。炎症によりお肌の組織が破壊されると、コラーゲンの変性により毛穴が正常な状態でいられなくなり、毛穴周辺が盛り上がるなどの症状が現れます。この凸凹や毛穴が目立ってしまうクレーターニキビには、レーザー治療がオススメです。このニキビ跡は、コラーゲンの変性や損傷によりお肌の組織が壊れてしまっている事が原因です。ですので、お肌を正常な状態に戻す必要があります。そこでフラクセルなどの肌再生レーザー治療で、異常な皮膚組織を体外に排出し正常に戻します。次に赤みによるニキビ跡の場合は、光治療がオススメです。この赤みが真皮層まで達してしまった場合、毛細血管が広がって、しばらく肌表面にヘモグロビンが透けて赤みを帯びた様に見えます。この場合は光を当てて、色素の排出を促し、毛細血管の拡張を抑える治療をしていきます。